安心&確実な医療レーザー脱毛クリニックの選び方【大阪編】

回数や期間をチェック

医療レーザー脱毛の効果を高めるには、毛周期に合わせて施術の回数・期間を決めていくことが大切です。

毛周期とは、成長期・退行期・休止期を繰り返す発毛のサイクル。医療レーザー脱毛で効果があるのは成長期の毛根のみ。メラニン色素の少ない退行期と、メラニン色素のない休止期の毛根には効果が見込めません。

成長期の毛で脱毛効率が変わる

毛周期は部位によってもサイクルが違い、頭髪は4~7年、その他の毛は数ヵ月程度となっています。

身体の部位 成長期の毛の割合
ワキ 37%
20~30%
17%
ヒゲ 70~80%
胸毛 30%

 

毛周期が脱毛の期間に関係してくる理由

体毛には毛周期という生え変わりのサイクルがあります。

  1. 毛が抜け落ち再び生え始めるまでの休止期か
  2. 毛が生え始める成長前期
  3. 毛がぐんぐん成長する成長後期
  4. 最後に毛の成長が止まり抜け落ちるまでの退行期

という4段階に分けられます。

このサイクルを繰り返すことで毛が生え変わっているのです。

脱毛は毛周期に合わせて施術プランが立てられます。基本的に今流通している脱毛機の脱毛に効果があるのは成長期の毛のみだからです。

レーザーはメラニン色素(黒色)に反応しますが、成長期の毛のほうが濃い黒色しているため毛根まで届きやすくなります。

熱により毛根を破壊することで毛が生えてこないようにするのです。

ところが、成長期の毛は部位にもよりますが、全体の20%~40%程度しかありません。

そのため100%脱毛するには5回以上の施術が必要になります。

エステサロンのフラッシュ脱毛や光脱毛も同じメカニズムです。

ただし、クリニックで受けられるレーザー脱毛に比べて出力が低く抑えられているため効果が出にくいと言われています。

毛が生えない状態にするには、クリニックでの脱毛よりさらに多くの回数が必要となるのです。

期間はどれくらいかかるの?

毛周期によって施術の間隔は違ってきますが、数週間~数ヵ月ごとに行うのが一般的です。

平均して2~3ヵ月に一度の施術が必要となり、期間としては1~2年ほどかかることが多いです。

施術間隔を短くしても、成長期の毛根にレーザーを照射しなければ意味がないので焦りは禁物。

毛周期に合わせて確実に施術を進めていくことが、高い脱毛効果を実感する近道と言えます。

どの程度の脱毛効果を求めるかでも期間は変わります。

完璧な永久脱毛効果を得なくても、毛の量が減って自己処理が楽になればOKという人もいます。

医療レーザー脱毛を始めるときは、自分がどの程度の脱毛効果を期待するのかをきちんと考えてからスタートさせましょう。

長期間になればなるほど、費用もかさみます。

また、目標がある人は、それに合わせて脱毛プランを立てることも大切です。

6月に結婚式があるので、それに向けて脱毛をしたいと考える人は、9月~8月頃にスタートさせるのが最適。

部位や状態にもよりますが、2~3ヵ月ごとに定期的に通えば、6月にはかなりの減毛効果が期待できるというワケです。

目的や需要に合わせて、1人1人にピッタリの脱毛プランを提案してくれるクリニックでの脱毛をオススメします。

脱毛の効果を実感するのは部位によって異なります

レーザー脱毛は部位によって効果が実感できるまでの回数が違います。大体の目安を参考にしてください。

脱毛回数の目安
身体の部位 平均的な施術回数
ワキ 5~7回
(毛根が深いため、回数は増加傾向)
ひざ下 4~6回
4~6回
Vライン 5~7回
I・Oライン 6~10回
6~9回

効果が実感できるまでの回数は毛周期や毛質、部位に関係しています。

膝下や腕は1度抜けてから生え変わるまでの時期が3ヵ月から4ヵ月程度です。

それに比べVラインは毛周期が1年から2年と長いため、生えてこなくなるまで処理するには回数が多くなります。

さらに毛質も他の部位に比べて濃いため、回数がどうしても多くなってしまうのです。

また、I,Oラインは女性の場合、生理中に施術が受けられないこともあります。

そのため他の部位より回数や期間が必要になると考えられます。

期間や回数が多くなる理由は?

毛の色が濃く、剛毛な人は、レーザー脱毛の回数が増える傾向にあります。

とくに、初回のレーザー照射では毛の密度が高く、熱エネルギーが分散してすべての毛根を破壊できません。

施術を重ねるうちに毛の密度が低くなるので、回数を重ねるうちに効果もアップしていきます。

また、毛根の深さ・大きさも影響します。

レーザーの熱エネルギーは皮膚下4mm程度までしか効果が出ないため、毛根が深いところにあるワキ・ヒゲ・Vラインなどは、より多くの施術回数が必要となります。

生活態度によっても、脱毛効果や施術回数は変化します。

  • 日焼けをしてしまう
  • 自己処理の際に毛抜きを使う
  • 保湿ケアを怠る

など、肌の状態が悪くなるとレーザーの出力が上げられなくなり、思ったような脱毛効果が得られないことがあります。

当然、その分施術期間も長くなっていきます。

脱毛期間中は、日頃の肌ケアに気を配り、肌にダメージを与えないようにすることが大切です。

エステ脱毛との比較

エステ脱毛と医療脱毛では、完了までにかかる期間が大きく違います。

エステサロンで行われている光脱毛は医師以外の人でも扱えるよう威力が弱く設定されているからです。

そのため、医療脱毛と比較すると効果が実感できるまで、回数が多くかかってしまいます。

医療脱毛では最短で半年程度ですが、エステ脱毛の場合は短くても1年半以上かかります。

予約が取れないサロンだと3年以上かかる可能性もあり、スベスベの肌を目指して通っても効果が出るまで長期間かかることを覚悟しなければいけません。

さらにエステ脱毛は永久脱毛ではないため、効果が薄いといわれています。

短期間での脱毛効果を期待したいなら、クリニックによる永久脱毛が良いでしょう。

医療レーザー脱毛を受ける理由

医療脱毛は1回あたりの料金が高いため、それがネックになっている人もいるのではないでしょうか。

確かに、エステ脱毛に比べて医療脱毛の方が高いのは事実です。

エステサロンでは初回料金を安く設定したり、長期プランを割引価格で提供したりすることもあります。

でも、毛のないスベスベの状態を手に入れたいなら、効果がなかなか実感できないエステ脱毛を続けるより、思い切って医療脱毛を受けたほうがよいと思います。

どんなに安く施術が受けられても効果が実感できないのでは意味がありませんよね。

医療脱毛は高い効果が期待できる上、少ない通院回数で脱毛が完了します。

時間と労力を考えると医療脱毛のほうが賢い選択と言えるかもしれません。

脱毛の回数や期間に関してのおすすめ

  • 毛周期によって施術を受けられるかが決まる
  • 期間と回数は部位によって変わるが、最低半年で1年弱で完了する
  • エステ脱毛より医療脱毛のほうが高い効果が実感できる
  • 時間と労力を考えるなら医療脱毛がおすすめ

脱毛は毛周期の関係から毎日受けられるものではありません。

また部位ごとによって完了までの期間は変わってきますので、施術を受ける際はカウンセリングの時などに質問をしてみましょう。

関連記事:脱毛のカウンセリングでの準備と絶対に聞くべき9つの質問を紹介!

たとえ安い料金で施術が受けられても効果を実感できないのでは意味がありません。

また、脱毛するならなるべく早く理想の状態に近づけたいと思いますよね。それなら脱毛効果の高い医療脱毛がおすすめです。

早く脱毛効果を実感したい人は、医療脱毛を受けてみましょう。

 

大阪の医療レーザー脱毛クリニックを比較!安くて評判がいいランキング>>

 
パーツ別
医療レーザー脱毛が安い大阪のクリニック
BEST3■2017年11月最新版
全身脱毛
ワイエススキンケアクリニック
43,000円公式サイトへ▶
ジョウクリニック
60,000円公式サイトへ▶
きぬがさクリニック
126,224円公式サイトへ▶
ワキ
ワイエススキンケアクリニック
1,500円公式サイトへ▶
きぬがさクリニック
2,500円公式サイトへ▶
ジョウクリニック
3,240円公式サイトへ▶
VIO
ジョウクリニック
14,600円公式サイトへ▶
ウィルクリニック
17,140円公式サイトへ▶
ソノクリニック
16,500円公式サイトへ▶
Copyright (C) 大阪で医療レーザー脱毛を受けるならこのクリニック! All Rights Reserved.