安心&確実な医療レーザー脱毛クリニックの選び方【大阪編】

自己処理は危険

ムダ毛を自分で処理すると、どのようなトラブルのリスクがあるのか、詳しく解説していきます。

自己処理による危険性とは

カミソリ・毛抜き・電気シェーバー・脱毛クリームなど、自宅で手軽にできる脱毛方法はたくさんあります。しかし、これらの自己処理には危険が伴うということをご存知ですか?皮膚の専門家が指摘する自己処理の危険性には、以下のようなものがあります。

  • 埋没毛や湿疹などのトラブルで治療が必要になることがある。
  • 角質が傷つき、色素沈着や黒ずみとして残る恐れがある。
  • 毛穴が開き、ブツブツとした跡が目立つようになる。
  • 自己処理後の毛穴や皮膚から雑菌が入ることがある。

とくに、女性はホルモンバランスの影響を受けやすいため、肌トラブルが起きやすい時期があります。また、自己処理では一時的な対処しかできないので、頻繁に処理をしなければならないのもデメリット。肌に多大な負担をかけてしまいます。

肌に負担をかけず、かつ半永久的な脱毛効果を得たいと考えるなら、クリニックでの医療レーザー脱毛をおすすめします。ある程度の費用は必要となりますが、ムダ毛の自己処理から解放されキレイな肌をキープできるのであれば、決して高い買い物ではないと思いますよ。

自己処理方法別のトラブル

カミソリ
最も手軽でポピュラーな自己処理方法。一度に多くの毛を処理でき、全身どこでも気軽にケアできるのが特徴。ただし、カミソリの刃が皮膚の角質まで一緒に剃りおとしてしまうため、肌にとってはかなりの負担。カミソリ負けや炎症、色素沈着の原因ともなります。

毛抜き
毛抜きで毛根から毛を引き抜くため、痛みは伴いますが脱毛効果が長持ち。ただし、開いた毛穴から雑菌が入り炎症が起きることも多いため、できれば避けたい自己処理方法です。毛穴がポツポツと目立つようになったり埋没毛になったりと、トラブルは多いです。

家庭用電気脱毛器
挟んだ毛に電気を流し、毛根から処理する家庭用の電気脱毛器。一度抜くと効果が長持ちし、毛抜きで抜くより肌へのダメージも少なめです。ただし、一度に大量には処理できませんし、エステ・クリニックでの脱毛よりは効果が劣ります

除毛クリーム・ジェル
特殊なクリーム・ジェルを皮膚表面に塗布し、化学的な方法で毛のたんぱく質を溶解させる方法です。痛みもなく、仕上がりは滑らか。薬剤の成分によっては肌荒れやアレルギーを起こす恐れがあるため、とくに肌の弱い人は要注意。脱毛効果の持続時間も短めです。

脱毛ワックス
溶かしたワックスを皮膚に塗り、乾いたところで一気に引きはがす方法。皮膚・毛穴にとっての負担が非常に大きく、痛みもかなり強め肌荒れ・色素沈着・埋没毛の原因となるので注意が必要です。

 
パーツ別
医療レーザー脱毛が安い大阪のクリニック
BEST3■2017年11月最新版
全身脱毛
ワイエススキンケアクリニック
43,000円公式サイトへ▶
ジョウクリニック
60,000円公式サイトへ▶
きぬがさクリニック
126,224円公式サイトへ▶
ワキ
ワイエススキンケアクリニック
1,500円公式サイトへ▶
きぬがさクリニック
2,500円公式サイトへ▶
ジョウクリニック
3,240円公式サイトへ▶
VIO
ジョウクリニック
14,600円公式サイトへ▶
ウィルクリニック
17,140円公式サイトへ▶
ソノクリニック
16,500円公式サイトへ▶
Copyright (C) 大阪で医療レーザー脱毛を受けるならこのクリニック! All Rights Reserved.